ディオーネ千里中央

 

 

ディオーネ?

 

ディオーネの茨木本店に電話調査してみたら、まあまあそれなりに親切な解説をしてくれましたね。

 

まずディオーネって、まだそんなに歴史が古いわけではないんですね。

 

たしかにディオーネは、ここのところよく耳にする脱毛サロンの名前ですけど、それなりに歴史がある脱毛サロンがここにきて花開いたのかな?とか先走って考えていたので、意外でしたからね。

 

なんせディオーネは、スタートしたのが平成22(2010)年ってぐらいですから、まだ8年ほどの歴史しかない脱毛サロンなんですよね。

 

でもディオーネは、浅い歴史、短い年月の中で、全国各地津々浦々に120サロンもかまえることができている脱毛サロンなわけですから、経営マネジメントだってキッチリ研究しているやり手サロンなんでしょうね。

 

しかし、経営マネジメントだけ立派でも、いちばん大切な脱毛施術のサービスがザルでは全国各地津々浦々に120サロンもかまえるなんて出来っこないでしょうから、ディオーネにはきっとハイクラスな脱毛ノウハウがあるんだろうと思いますね。

 

最初に、ディオーネとよその脱毛サロンが決定的に異なる部分は、痛みがほとんどないところと、産毛処理が出来るところだそうです。

 

まあ、脱毛施術ってぐらいですから、通常はわずかな痛みが付いてくるのを覚悟の上で脱毛サロンに行かなきゃいけないというのはわかっているのです。

 

しかし、ディオーネの脱毛施術はほぼ痛みが伴わないっていう部分が、人気の秘密なのかな?とは思うんですよね。何といっても、リピート率が96%ってぐらいですからね!

 

また、ディオーネが採用している脱毛マシンって、ハイパースキンっていうらしいですね。このハイパースキンは、これまでありがちだった脱毛マシンあたりとちがって、高い熱が不要なマシンらしいのです。このハイパースキンが、痛みを伴わないディオーネ脱毛の秘訣なのかな?とか思ったんですよね。

 

あと、ディオーネが全国レベルで営業できる人気脱毛サロンになった秘訣は他にもあると思っています。たぶん、お試し脱毛サービスが根付いているからじゃないか?とか思うんです。

 

ふつう、その辺の脱毛サロンなら、お試し脱毛っていっても、「腕の中で一か所だけお試し脱毛してあげるね!」ぐらいのレベルかと思うんですけど、ディオーネはVIO、顔、全身と3種類のお試し脱毛があるらしいですからね。

 

付け加えると、ディオーネ脱毛の場合、VIOのお試し脱毛が5,400円(税込)、顔のお試し脱毛が3,240円(税込)、全身のお試し脱毛が16,200円(税込)ほどの値段となっているそうです。

 

ディオーネは、全身脱毛の値段だって良心的なほうじゃないでしょうか?

 

ディオーネの全身脱毛の通常代金は、38万8800円(税込)だそうですから。ハッキリどこの脱毛サロンだとまでは言いませんが、もっと高いお金をとる脱毛サロンっていっぱい存在しますからね‥‥。

 

ディオーネの全身脱毛は、90〜120分ぐらいで施術1回が片付くみたいですし、そんな時間を費やさずに脱毛が済ませるところも魅力なんでしょうね。

 

ディオーネの場合だと、たしかにサロン自体に出向くペースは一か月にいっぺんほどみたいなんですよ。でも、一度の全身脱毛施術に3時間も4時間も時間を食われてたら、あとの用事がまったく出来なくなってしまいますもんね。やっぱり、全身脱毛施術が2時間たらずでさっさと済ませれるのはディオーネの大きな長所なんでしょうね。

 

ところで、ディオーネで脱毛契約ができる年令ですが、ディオーネときたら、よその脱毛サロンとは比較の対象にならないぐらいの若年から脱毛契約を締結してくれるらしいんです。ディオーネで、脱毛契約が締結できる年令とは、なんと3才からなんですって!

 

まあ、3才なんて、脱毛が必要なぐらい体毛がいっぱい生えてくるのかな?って疑問に思ってしまう年令ではあるんですよ。

 

でも、子の行く末を案ずる親御さんには、3才からでも我が子に脱毛施術を受けさせたいという意向をもつ人がいたとしても別に不思議はありませんもんね。。。それが人の親というものでしょうから。

 

もう一点、ディオーネがよその脱毛サロンと一線を画する点は、男のサロン内出入りについてでしょうね。

 

そのへんの脱毛サロンは、女専用のサロンを標榜している以上、意地でも男のサロン出入りを断るところが多いはずですよね? もちろんディオーネだって、基本的は女専用脱毛サロンなのです。

 

でも、ディオーネはその辺の対応がちょっとちがっているんです。

 

どんな具合にディオーネの対応がよその脱毛サロンと違っているのかって申しますと、脱毛施術を依頼する本人の年令が未成年、つまり19才以下であるときの男親のサロン出入りについてなのです。

 

むろん、ディオーネで脱毛施術を依頼する本人が19才以下だとしますと、ディオーネだって通常はお姉さんとか母親とか叔母さんとかが保護者の立場として席を同じくして、脱毛契約を締結する運びになるわけなんですよ。

 

ところが、ディオーネで脱毛施術を申し込もうとする19才以下本人に母親がいないことだってありますから。脱毛契約を締結しようとする本人が幼少の時代から、父子だけの家庭であったりする場合だってあるわけですよ。

 

そういう時は、事前にディオーネに電話質問をして、内情をお話しさえしておけば、ディオーネで脱毛施術を締結しようとする19才以下本人の父親が脱毛サロンの中に入場することができることだってあるわけなんですよ。こんな対応の柔軟さも、ディオーネの人気の決め手ではないかな?と、私は想定したりしているんです。

 

女の保護者が家族内に不在だから、19才以下女性とは契約を締結しないなんてことをすれば、ディオーネという脱毛サロン側だって得にはならないと思いますしね。もし、19才以下女性が全身脱毛契約締結を望んでいるのなら、30万〜40万程度の値段の脱毛契約のチャンスをロスすることになってしまうわけですからね。

 

昨今の脱毛業界だって、ライバルサロンとの生き残り競争が激烈を極めているんですから、ディオーネ側としても、女性たった一人との脱毛契約だってまず馬鹿にはしないはずですよ。

 

そのへん、ディオーネという大手脱毛サロンには、男子のサロン内への出入りにもある一定の心の広さがありますから、これも女の人から人気がある一因になっているような気がするんですよね。

 

まったく逆の話となるのですが、もしかしたら、ディオーネが施す脱毛とはどうあっても肌が合わないという女子とか、何らかの理由でディオーネとの脱毛契約締結をヤメにしたい女子とかもいらっしゃるかもしれません。

 

ディオーネの場合だと、脱毛契約締結をした即日から八日の間であればクーリングオフに対応してもらえるみたいですよ。

 

また、ディオーネで幾回かの脱毛施術を受けたのち、中途で契約をヤメにしたくなった場合は、まだ脱毛施術を受けていない分の費用のトータルから10%の契約ヤメ手数料をしょっ引かれた金額がディオーネから返してもらえる決まりになっているらしいです。

 

オマケに言うならば、ディオーネの中途契約ヤメの手数料は、二万円が天井となってますから、そこらあたりは良心的って言えば良心的かもですよね。

 

ディオーネ箕面店の住所‥‥箕面市牧落3-3-13ソレーユミノオ2F

 

≫公式サイトでチェックしてね。